ニュース

監督便り Vol.3 Sep 2022

秋のシーズン到来です。明日からの日本インカレ、今月25日の早慶戦ももう間近になってまいりました。
シーズンを迎えるあたり、OBOGの皆様には夏季合宿中の長距離ブロックや跳躍ブロック、明日のインカレの差し入れ、次世代オリンピアン育成資金、箱根駅伝プロジェクト活動資金、更には箱根に向けてのクラウドファンディングと今夏は実に多くのお願いばかりをさせて頂いたにも関わらず差し入れは即日で完了し、クラウドファンディングもおよそ10日間で第一目標の500万に達成する事が出来ました。部員一同大変感謝しており、誠に有難う御座いました。

昨日、菅平で行われている長距離合宿に行って参りました。菅平の8月はラグビー合宿のメッカで有名ですが、9月からは箱根を目指す各校のメッカとして10校以上の大学が選抜合宿を行なっており、既に各校が着々と練習を積んでいる様子が伺えました。
菅平の前の紋別の合宿中、クラウドファンディングを始める直前に、現在、中長距離のコーチとして東京五輪、オレゴン世界陸上に選手を送り出している横田真人君(立教池袋、総合政策、2010卒)がZoom会議を開催してくれ、選手達にクラウドファンディングを行うにあたり、多くのアイデア、コメントを頂きました。クラウドファンディングとはただの寄付金集めでなく、自分達の姿を自分達から発信していくことの大事さに気付いたようでした。合宿中の選手達と話しても練習の充実振りに加え、箱根プロジェクト、クラウドファンディング、多くの方のサポートに感謝すると共に、自分のものとして改めて捉え、顔が変わってきたように思います。10月15日の予選会が楽しみになって参りました。

明日からの日本インカレは京都で開催され、競走部からは選手、スタッフ総勢43名で遠征に参ります。
特に注目は、男女4x100mRのメンバーが揃って調子を上げてきた事、フルエントリーする女子棒高跳の3名が複数入賞出来るか、4年間女子部門を引っ張ってきた細井衿菜さん(中京大中京、総合政策、4年)が最後のインカレの800mで勝ち切る事が出来るかどうか、今季自己ベストを大幅更新している豊田兼君(桐朋、環境情報、2年)が、110m H、400m、400mHを3日間でどの種目に出場し初優勝を目指すか、等々。レベルの高い日本インカレでも関東インカレで入賞したメンバーを中心に活躍が期待されます。
京都での開催は久しぶりですので、関西地区、中京地区の皆様には是非、現地にお越し頂き現役選手の活躍を生で観て頂ければと思います。
ご参考まで、競技日程は以下の通りです。http://iuau.jp/ev2022/91ic/91ic_kyoginittei-r.pdf

私もこれから京都に向かい選手達の最後の調整を確認して参ります。
京都でOBOGの皆様と久しぶりにお目に掛かれるのを楽しみにしております。

競走部監督
鹿又 理

【慶應箱根駅伝プロジェクト】クラウドファンディング実施のお知らせ

8月12日に「次世代オリンピアン育成基金」「箱根駅伝プロジェクト活動資金」へのご支援をお願いさせて頂きましたが、既に多くの方々からご寄付や激励のお言葉を頂戴しております。現役部員への温かいご支援を誠にありがとうございます。

さて、同日のご案内状でも言及させて頂いておりましたが、箱根駅伝プロジェクトの活動資金を外部からも幅広く募るために、クラウドファンディングによる寄付金募集にチャレンジすることといたしました。

慶應箱根駅伝クラウドファンディングの概要
【募集開始】 8/22(月)19:00
【募集終了】 9/30(金)23:00
【募集ページ】 https://readyfor.jp/projects/keio_hakone2022

上記の募集ページでは、寄付金の使途やこれまでの強化の成果などもご説明させて頂いておりますので、ぜひお手隙の際にご参照ください。
(※同ページの公開は19:00以降となります)

また、今後は現役長距離部員から、定期的に活動報告を配信させて頂きます。

なお、クラウドファンディングの開始に伴い、これまで4年間実施してきたラッフルによる寄付金募集は休止と致しましたので、ご了承ください。

監督 鹿又 理

監督便り Vol.2 2022 Aug

シーズン真っ盛りです。世界陸上から始まり、同志社戦、トワイライト、各記録会、佐野スプリントと立て続けに試合がありました。世界陸上はOBの小池祐貴君(立命館慶祥、2018総合政策卒)が直前のコロナの陽性反応で棄権となり無念だった事と思います。現役にもスタートラインに立つ事がどれだけ貴重で意義があるかを伝えていきたいと思います。

同志社戦では直前の戦略分析では男女共に僅差で負ける可能性大となっておりましたが、結果的に男子は38対20、女子は20対19と、6月の監督就任後初の公式戦で男女共に勝利を収める事が出来ました。1人の1点では勝てませんが、その1点が無ければチームとして勝てない事を各人が意識し、結果的に勝ち切れた事は意義があると思います。その中で、男子400mで優勝した豊田兼君(桐朋、環境情報2年)の45“92と先週末の実業団学生対抗の110mHで13“44は夫々、今季学生ランキング2位、加えて7月の国体選考会での400mHの49“82は今季学生ランキング4位と、9月8-10日に京都で開催される日本インカレは何で狙うかも楽しみになってきました。

日本インカレに向け、今期好調の伊藤達也君(帝京大学、商3年)率いる投擲ブロックに、豊田基二さん(経済、旭丘、1998年卒)から試合用の槍を寄付して頂きました。こうした投擲ブロック出身でないOBから活躍している他ブロックへの寄付は非常に有り難いです。スウェーデン製の高性能のもので、伊藤達也君は先日のトワイライトでもこの槍で3位入賞を果たしました。

8月には徳島インターハイに細萱助監督、現役学生と勧誘に行き、事前に現役とOBOGで結成した勧誘チームのデータを元に将来の競走部を担う高校生と先生方に会って参りました。こうした地道な努力が必ず実ると期待し多くのOBOGの皆様のご協力も得られればと思います。

佐野スプリントや各記録会で自己新、シーズンベストが出ており、9月のインカレに向け、最後の追い込みの夏合宿が始まります。長距離、跳躍は合宿中に必要な欲しい物リストをお願いして参ります。猛暑の日本で練習を積むには栄養補給は不可欠で、その他にも必要な物が多く現役の活躍の為に、どうぞ宜しくお願いします。

お願い続きで恐縮ですが、箱根駅伝プロジェクトの新たな資金調達としてクラウドファンディングの立ち上げを準備しており、真冬の箱根に皆様と一緒に行く為にもどうかサポートの程、宜しくお願いします。

最後になりますが、猛暑の日本、OBOGの皆様も熱中症等、くれぐれもご自愛下さい。
シンガポール在住20年以上の私も徳島に行き、日本の猛暑の厳しさを実感した処です。

競走部監督
鹿又 理

対同志社大学対校戦(7月31日)のご案内

平素より競走部およびOBOG会の活動にご協力を賜りありがとうございます。
以下の通り、7月31日(日)に開催される対同志社大学対校陸上競技大会のご案内をお送りいたします。
是非、日吉グラウンドまでご来場いただきますようお願い申し上げます。
タイムテーブルや出場選手等の詳細は、決定次第、改めてご案内いたします。

■ご案内状
男子第71回・女子第13回慶應義塾大学対同志社大学対校陸上競技大会開催のご案内

監督便り(2022年7月)

6月の監督就任から3週間が経ちました。その間、現役と一緒に香川、奈良、岐阜、宇都宮に行き、現地OBの皆さんと合同で勧誘を行いました。未来のエースの発掘という共通の目標をOB-現役が一緒に汗を掻きながら動き回る姿は、コロナ禍で行動制限をされた鬱憤を晴らすかのような一体感がありました。

この3週間は未来のエースの発掘ばかりではありません。先輩として競走部にその背中を見せ続けている小池祐貴君(立命館慶祥、2018、総合政策部卒)が7月15日よりアメリカ・オレゴンで開催される世界陸上に200mと4x100mRの代表に選出されました。

日本とオレゴンの時差は16時間ですが、数々の世界大会を経験した小池祐貴君の活躍をこの夏、皆さんと応援したいと思います。

先輩の吉報の次は、やはり現役の活躍です。
7月31日(日)に同志社を日吉に迎え、慶應-同志社戦を開催します。関東インカレ後に自己ベストを更新している選手も多く、その活躍を間近で観るだけでなく、お子様向けかけっこ教室、オトナのかけっこ教室と趣向を凝らし、ご家族で楽しんで頂ける大会にしますので、久しぶりの日吉で旧交を温めて頂きたいと現役一同お待ちしております。

日本は随分と暑くなって参りましたが、我々の時代と変わらず現役は日吉グランドで練習に励んでおります。OBOG皆様のサポートを引き続き宜しくお願いします。

競走部監督
鹿又 理

 

鹿又 理 新監督就任のお知らせ

2017 年から競走部の指揮を執って参りました鈴木岳生監督が退任し、鹿又理が監督に就任することとなりましたので、ご報告させて頂きます。

 

鈴木監督退任挨拶

鹿又監督就任挨拶

指導体制

 

 

 

 

2021年度活動のご報告

皆様、いかがお過ごしでしょうか。会長の田﨑でございます。
リアルに、時間と空間をご一緒することが出来なくなって、3年目の年度を迎え、残念ながら、3月20日の慶応體育會競走部の納会も、昨年同様オンラインでの開催となってしまいました。
そうした中、4月9日に、日吉の競技場で、東京6大学対抗戦が行われます。感染対策との両立を図るために、抽選による事前登録者に制限されておりますが、久しく実現できなかったリアルでの応援が可能となります。
競技結果などにつきましては、追ってホームページなどでご報告させていただきますが、現役競走部員の皆さんが、現下の環境に打ち勝ち、一層、力を高め発揮してくれることを願っております。

さて、今年度は、定時総会を6月16日にオンラインで開催する予定としております。オンライン開催による制限もあることから、それに先立ち、今回のご連絡で、21年度の活動概要をご報告させていただきます。
是非ともご一読いただき、事前にご意見等、お聞かせいただければと思います。

もう一点、大切なご報告がございます。
長年、ご尽力いただいた鈴木岳生さんからの監督交替のご意向を受け、後任として、鹿又理さん(1994年卒)を理事会として推薦することを決定いたしました。正式には大学手続きを経て、定時総会での交替となります。
総会前の関東インターカレッジなどの重要な競技会は、現鈴木監督の指揮下での奮戦となります。これまでのご功績への敬意と感謝を込めて、しっかりと応援して参りたいと思います。

また、2年後の2024年には早慶戦が100回大会を迎えます。
倶楽部として、記念大会をどのような形でサポートするのかについて、皆様のご意見も伺いながら、具体的な検討を進めて参ります。

会員の皆様からの引き続きのご理解・ご支援をお願いいたします。

2022年4月
会長 田﨑 博道

添付
1.倶楽部活動報告
2.活動報告別紙_記憶を記録にプロジェクト報告
3.活動報告別紙_現役活動支援に関するご報告
4.現役幹部紹介
以上