ニュース

箱根駅伝プロジェクト ニュースレター(2021年7月)

長距離支援部会より、箱根駅伝プロジェクトのニュースレターのご案内です。

今号のニュースレターは、今シーズン前半の試合結果報告ということで、東京六大学対抗、関東インカレ、杉浦慧君の10000m塾新記録樹立、そして21年ぶりの出場となった全日本大学駅伝関東選考会の結果などをご紹介させて頂いております。

慶應箱根駅伝プロジェクト News Letter

なお、ニュースレターは下記のリンク先でもご覧頂けます。

慶應箱根駅伝プロジェクト公式サイト
https://hakone-pj.keio-tf.org/

関東インカレ:ライブ中継のご案内

平素より競走部およびOBOG会の活動にご協力いただきありがとうございます。
広報部会より連絡させて頂きます。今年の関東インカレは、2年ぶりの対抗戦として5月20日(木)から4日間で開催されます。今西主務から、当日のオンライン応援についてOBOG向けに案内がありました。ご確認頂き、お時間ある方は是非画面越しに熱い応援をお願い致します。なお関東学連がyoutube配信をすると思いますが、今回はその動画は共有せずに現役生からのライブ中継を予定しているとのとです。
(ライブ中継のzoomリンクはメーリングリストにて開催期間中、毎日ご連絡いたします。)
また、当日の問い合わせについては広報部会でも対応しますが、
すぐに出られない可能性もございますのでご了承ください。

タイムテーブル

広報部会:
朽津(090-8503-9200)
小川(080-5441-5656)

以下今西主務からのご案内メールです。
***************************************

OBOGの皆様
いつもお世話になっております。
競走部の104代目主務を務めております今西優太と申します。
新型コロナウイルスによる我慢の日々はかれこれ1年を過ぎ、相変わらず大変な状況ではございますが、OBOGの皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。
さてこのたび、5月20日(木)より4日間にわたり行われます、関東インカレの「ライブ中継」を開催させていただきます。昨年同様、会場で選手を応援することが困難な昨今の状況下でもOBOGの皆様が選手を応援することができる場を設けることができないかと考え、ビデオ会議アプリzoomを用いた「ライブ中継」を開催する運びとなりました。現場から選手の競技を配信させていただきます。
ご参加に際し、出欠連絡は不要ですのでご覧になりたい種目やご予定に合わせて自由に出入りしていただいて構いません。zoom内では各競技開始10分前を目安に担当の者が出場選手の紹介をさせていただきます。zoomのチャット機能を用いた選手への応援メッセージなどもお気軽に頂ければ幸いです。
御多用中のところを恐縮ですが、ぜひとも御参加いただきたくお知らせ致します。


日時:5月20日(木)〜5月23日(日)
場所:オンライン(ビデオ会議アプリzoom)
幹事:今西優太(104代目主務)

※ビデオ会議アプリzoomのダウンロードはこちらからお願い致します。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
※zoomのログインURL各日程の前日に別途メールにてご連絡させていただきます。
※関東学連のオンライン配信もご利用ください。
——————————————————–
今西 優太 / Yuta Imanishi
慶應義塾大学文学部英米文学専攻4年
慶應義塾大学體育會競走部 主務
(Email)imanishi.keiotf@gmail.com
——————————————————–

 

箱根駅伝プロジェクト ニュースレター(2021年1月)

長距離支援部会より、箱根駅伝プロジェクトのニュースレターのご案内です。

先日の箱根駅伝では、長距離ブロック長の杉浦君が関東学生連合の主将として5区を走りました。結果は本人にとって不本意なものでありましたが、チームとしての本選出場を目指す上で、非常に貴重な経験を得ることができました

今号のニュースレターでは、杉浦君や保科コーチなどのコメントを掲載している他、10月から年末までに各地で開催された記録会での好記録ラッシュ(5000mでは2名が塾記録を更新)についても、ご紹介させて頂いています。

また、2021年の長距離ブロックの活動資金を確保するための「箱根駅伝ラッフル2020-2021」についてのお知らせもあります。寄付も景品もまだまだ募集中ですので、引続き周囲の塾員などへのお声掛けを、どうぞよろしくお願い致します。

慶應箱根駅伝プロジェクト News Letter

なお、ニュースレターは下記のリンク先でもご覧頂けます。

慶應箱根駅伝プロジェクト公式サイト
https://hakone-pj.keio-tf.org/

監督通信(2021年1月)

慶應陸上競技倶楽部会員各位
(慶応義塾体育会競走部OB・OGの皆様)

競走部監督・鈴木岳生

いつも慶應競走部の活動にご支援・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
2020年の総会でご報告させていただいて以来の「監督通信」をお送りさせていただきます。

 

1.大会結果報告

■ 日本インカレ 【9/11(金)~13(日) 於;新潟・ビッグスワンスタジアム】

今大会には男子個人3名+400R・1600R、女子個人3名が出場を果たしました。

結果は、女子の樺沢和佳奈(総4)が1500m・5000mの2種目で3位、角田ルアニイ(総4)が棒高跳で4位にそれぞれ入賞する活躍を見せました。

樺沢・ルアニイとも、最上級生の意地を見せ、勝負強さを発揮しました。

無観客の環境下ではありますが、何はともあれ日頃の鍛錬の成果を発揮できる機会を得られ、一定の結果を出せたことは喜ばしいところです。決勝の結果は以下の通りです。

 氏名種目記録順位
女子樺沢 和佳奈(総4) 1500m4'25"163位
5000m16'18"713位
角田 ルアニイ(総4)棒高跳3m70cm4位

関東インカレ 【10/9(金)~11(日) 於;相模原 10/24(土)~25(日) 於;江戸川】

今大会には男子1部に個人8名と400R・1600R、男子3部に個人2名、女子1部に個人7名が出場を果たしました。

結果は、下表の通りですが、女子と男子3部の活躍が目立つ反面、男子1部ではルーキーの入賞1名と非常に厳しい結果に終わりました。1部⇔2部の入れ替えを行わなかったため、もう1年、1部で戦うことが出来ますので、1部定着に向けて一層の努力と奮起を促していきます。

 氏名種目記録順位
男子1部武田 翔太(法1)走高跳2m05cm8位
男子3部小林 児太郎(M2)400m48"771位
久保田 剛史(M2)1500m3'57"251位
女子1部細井 衿菜(総2)800m2'09"371位
樺沢 和佳奈(総4) 1500m4'31"001位
角田 ルアニイ(総4)棒高跳3m70cm6位
浦津 ななの(環1)棒高跳3m60cm7位

箱根駅伝予選会 【10/17(土) 於;立川】

結果については、既に詳報の通りですので、皆さんご存知のことと思いますが、総合19位(出場46チーム)と、前年より8ランクアップとなり、ようやく持てる力を発揮できました。

保科ヘッドコーチ・小野コーチの指導の下、第100回の記念大会での本戦出場を視野に、引き続き強化を図っていきます。今後とも引き続きのご支援をお願いします。

なお、テレビ観戦された方も多いと思いますが、関東学連選抜のメンバーとして杉浦 慧(政3)が5区を走りました。力及ばず厳しい結果となりましたが、この経験を次に活かしてもらうことを期待して止みません。

 

2.新体制(現役)

現役幹部も新体制に移行しています。

新主将は酒井由吾(跳・環3)、副将は坂口天城(短長・法3)と畦地将史(投・法3)、女子代表は守屋明穂(中・環3)、主務は今西優太(中・文3)が務めています。

 

 

コロナ感染リスクが収まる気配を見せず、選手たちも不安定な環境での生活を余儀なくされていますが、そんな中でも全部員が強い危機感と使命感を胸に、来季に向けたトレーニングに取り組んでいます。

OB・OGの皆さんにも、くれぐれも健康にご留意ください。1日も早く平穏な日常に回帰し、元気な姿をグラウンドや公式行事に見せていただくことを心よりお祈りいたします。

また慶應の得意のとする人的ネットワークを活用した勧誘活動へのご協力も引き続きお願いします。
今後とも現役部員への叱咤・激励と、皆さんの物心両面の温かいご支援を頂きますようお願いします。

以上

 

 

杉浦慧(政3) 箱根駅伝関東学生連合の主将として5区にエントリー!

12月29日に箱根駅伝の区間エントリーが発表され、関東学生連合チームの杉浦慧(政3・成蹊)は、往路5区(小田原⇒箱根の20.8km)に起用されました。

コロナウイルス感染症対策のため、今大会は沿道での応援は自粛となりますが、テレビやラジオ等の中継を通じて、杉浦へのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

箱根プロジェクトホームページの特設ページでは杉浦にお寄せいただいた応援メッセージを紹介しております。

https://hakone-pj.keio-tf.org/

箱根駅伝プロジェクト ニュースレター(2020年11月)

長距離支援部会より、箱根駅伝プロジェクトのニュースレターのご案内です。

先日の箱根駅伝予選会では出場12名中11名が自己ベストを更新(うち7名が塾記録更新)という快走により、総合順位は一昨年の26位、昨年の27位から一気にジャンプアップして19位という結果を収めることができました。チームトップでゴールした長距離ブロック長の杉浦君は、関東学生連合のメンバーに選出され、お正月の本選では主要区間での起用が見込まれています。

今回出場したメンバーのうち11名は3年生以下であり、来年は有力な新入生の入学も予定されているため、いよいよ来年は本選出場に本気で挑戦する勝負の年となります。

今号のニュースレターでは、今般の予選会の結果を詳しくご報告させて頂いている他、これからの勝負の1年間を資金面で支えるための「箱根駅伝ラッフル2020-2021」による寄付募集についてのお知らせもあります。

ぜひ、お手隙の際にご覧ください。

慶應箱根駅伝プロジェクト News Letter

なお、ニュースレターは下記のサイトでもご覧頂けます。

慶應箱根駅伝プロジェクト公式サイト
https://hakone-pj.keio-tf.org/

 

 

 

 

河添先生に御退任記念品を贈呈いたしました。

河添前部長御退任、中澤部長御就任の歓送迎会については、新型コロナウイルスの影響で開催を見合わせておりましたが、なかなか開催の目途が立たず、このままでは年越しとなることが考えられるため、この程、中澤先生にもご同席いただいて河添先生に記念品を贈呈いたしました。

会員向けサイト(名簿システム)に当日の写真および6月の総会の際にお寄せいただいた両先生からの御挨拶を掲載しておりますので、是非ご覧ください。

広報部会
朽津